多汗症でお悩みの方へ

夏場や運動している時に大量の汗をかくことについては、他の人に比べて汗をかいているに過ぎず、これに関して言えば多汗症ではありません。多汗症というのは暑さ寒さ関係なく少し動いただけで大量に汗をかいてしまうという症状が見られ、日常生活を送る上で支障が出てくるものです。今回は多汗症に悩んでいる人に対して多汗症というのはどういうものなのかということについて紹介していきます。

多汗症とは何か

多汗症というのははっきり言えば病気の一種と考えてもらって構いません。別名発汗障害とも呼ばれていますので、大量の汗をかくことで何かしら困っていることがあるというのであればやっぱりそれは病気と言ってもいいでしょう。
多汗症を病気として捉えるのもどうかなという思いになるかもしれませんが、日本人では全人口の4%程度の人が多汗症だと診断されています。これに関して言えば実際に多汗症ではあるけれども医療機関を受診していない人は含まれておりませんので、実際のところはもっといると言ってもいいでしょう。
多汗症には全身に汗をかく症状の人がいる一方で、わきの下や顔などの一部分にだけ汗をかく症状の人もいます。特に前者の方には内臓疾患や甲状腺疾患などが原因となっていることもありますので、大量に汗をかいているほかに何かしらの症状があれば病院を受診したほうがいいでしょう。

多汗症はほっといてもいいのか?

多汗症は病気ということであれば治療するかどうかを決める必要が出てきます。多汗症の場合は手術をしない限り完治をするということはありませんので、症状を改善するということで言えば治療を行うのがいいでしょう。日常生活を送るのにそれほど困らないのであれば、セルフケアであっても全然困らないですが、ほっておいて困るのであれば何らかの治療を行うべきです。

治療は原発性局所多汗性診療ガイドラインに沿って行われる

多汗症の治療に関して言えば皮膚科や麻酔科、形成外科、美容クリニックで行われています。現在多汗症の治療は日本皮膚科学会が作成した原発性局所多汗性診療ガイドラインに沿って行われています。このガイドラインで行うように勧められるというAランクの治療法に関しては、安全性が高く完全な治療というのは存在しないわけです。Bランクの治療法として塩化アルミニウム液やイオントフォレーシス、胸部交感神経遮断術などがあります。
ukiykuyf
例えば、手のひらの多汗症の場合はファーストチョイスとして塩化アルミニウム液もしくはイオントフォレーシスになり、それでも十分でなければボトックス注射で、最終的な手段として胸部交感神経遮断術というフローが示されています。どの多汗症においてもいきなり手術をするということはあり得ず、最初は負担がかからない形の治療法が採用され、それで効果が十分でない場合に手術の可能性が示されるのです。
胸部交感神経節遮断術という手術法はワキの皮膚に小さな穴をあけて、発汗の原因となる交感神経を切断することで根治を目指す方法です。メスを入れるわけではないので傷口も小さくて済みますし、安全性の高い手術法です。

多汗症はきちんと治療すれば改善が見込める

多汗症は病気の一種だと考えてもらってもいいでしょう。大量の汗をかいて困っているのであれば、何らかの対策を立てた方がいいです。多汗症をほっといたとしても何も改善されませんので、何らかの治療を行うべきです。治療に関して言えば、原発性局所多汗性診療ガイドラインに沿って行われるので安心してください。
多汗症でお悩みならボトックス治療がおすすめです
■多汗症治療なら広尾プライム皮膚科

更新情報

◆2016/04/09
多汗症でお悩みの方への情報を更新しました。
◆2016/04/08
多汗症の人の汗は臭うのか?の情報を更新しました。
◆2016/04/08
多汗症治療は保険が適用されるのか?の情報を更新しました。
◆2016/04/05
当サイト運営者情報を新規投稿しました。
◆2016/04/05
心のケアで多汗症を改善することもあるの情報を更新しました。