多汗症の人の汗は臭うのか?

多汗症の人は夏場暑くなると汗臭くなるという風に感じることがあります。しかし、多汗症で見られるようなエクリン腺から流れる汗について言えば臭いを感じるということはありません。それでも大量の汗をかくことで皮膚に雑菌が繁殖しやすくなるという側面は否めず、それが汗臭さにつながることは十分にあります。

多汗症の人は早めに汗を拭きとるといい

多汗症の人はワキガとは違いますので、基本的に無臭でさらさらとしている汗です。しかし、ワキガを併発している人に関して言えば、アポクリン汗腺から汗が出るものについては粘り気があり色素が含んでおり、これが時間が経って皮膚に雑菌が繁殖すると、ワキガ臭を出すことがあります。
多汗症の人でワキガを併発していなくても、ある程度時間が経つとにおいを発することはありますので、汗をかいたなあと感じた時にはすぐにタオルでふき取ってください。ふき取る際にはゴシゴシトこすりつけるのではなく上から抑えるようにしましょう。汗を防止する制汗剤を使用したり、着替えを用意するというのもいい対策の方法です。

運動不足やエアコンの使い過ぎが悪い汗の原因になる

最近は汗自体ににおいを発する人が多くなってきています。それは良い汗ではなく悪い汗をかいていることに他なりません。その原因の一つとして運動不足やエアコンの使い過ぎがあって、これらによって自然に汗をかく機会が減ってきます。汗臭さが気になるなら日頃から汗腺を使っていい汗をかくようにしましょう。

多汗症だからと言って臭うことはない

多汗症の汗はワキガでない限り基本的に臭うということはありませんが、汗を書いたらすぐに拭き取るようにすることが大切です。それに良い汗をかくためには日ごろから運動や風呂などで汗腺の機能を使ってください。

関連する記事